ラボ読書梟 (旧 はてなブログ大学文学部)

西川祐子/上野千鶴子/萩野美穂『フェミニズムの時代を生きて』岩波現代文庫(2011年)読了

西川祐子/上野千鶴子/萩野美穂『フェミニズムの時代を生きて』岩波現代文庫(2011年)

  

つづきを読み終えた。

https://labo-dokusyo-fukurou.net/2024/04/07/%e8%aa%ad%e6%9b%b8%e6%97%a5%e8%a8%9880/

例えば、立ち読みしたときに「何だこの人は」と思う。

第一印象というものは往々にして実態を捉えきれない。

上野千鶴子氏の本を読めば読むほど第一印象とかけ離れていく。

日々そう感じる。

印象的なお話は後半の部分であった。

「メディアは権力で独占状態にあり、(フェミニズムの人たちは)モノを言えない。だから私たちのメディアを作ろう。」

フェミニズムは独学で創ったと上野氏はいろんな本で書いている。

ただモノを言うのではなく、裏付けされた確かなデータと知を引っさげて果敢に立ち向かう。

そんな姿に読んでいる僕も熱くなる。

真ん中あたりでネオリベの話になった。

実力主義⇒淘汰⇒自己の無価値感

本書が出る頃はまだ教壇をとっていた3人が、現場でネオリベの空気を感じ取っていた。

「そして自分を責めてしまい、男性は引きこもりがちになり、女性は自傷に走ってしまう。」

なんでも自己責任の時代。しかし、

「社会のせいにしてもいい」

という言葉に、僕はなんとも言えない気分になった。

やるせなさ。じれったさ。

本書を読んで、やはり社会学は絶対的に必要な学問だと再認識した。

つづく

公開日2022/1/30

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2024 ラボ読書梟 (旧 はてなブログ大学文学部)

テーマの著者 Anders Norén