閉じる

読書日記109

インベカヲリ☆『家族不適応殺:新幹線無差別傷犯、小島一郎の実像』角川書店 (2021)

     

登戸、京アニ、小田急線、京王線、センター試験。

無差別の犯行が多いようにみえる。その心理は単純か否か。

BOOK・OFFにあったので購入。

   

100ページほど読んでもさっぱり人物像が掴めなかったが、もう少し読み進めると見えてきた。

やはりこの人物も家庭が崩壊している。今回の例は祖母の苛めだ。孫を恨んでいたという。

また、母親はホームレスの支援で忙しく、父親も忙しかったため祖母と小島氏が一緒にいる時間が多かったと思われる。

刑務所に入りたかったのは、刑務所が安全地帯と思えたからだという異常っぷりである。

   

土浦での無差別事件も同様に、家族は砂漠のようにカラカラな関係だったと言われている。

小島氏はADHDと診断されていた。

刑務所が安全地帯となる論理の飛躍や、インベカヲリ氏と交わした手紙の内容を鑑みれば、これまでの発達過程において倫理観や道徳観がどこかでねじれてしまったのだろうか。

この事件もなかなかに深い。

つづく

補足:こういった事件が起こるとマスコミはすぐに家庭のことを調べたがる。そのことに対する怒りのツイートは少なくない。ただ、因果関係は無くとも、家庭に関する何らかの問題と傷害事件の相関関係は間違いなくあると自分は今も考えている。

ただ、発達障害という病名が独り歩きしないようにここで訂正しておきたい。ADHDに罪は絶対にない。あるのはADHDに対する社会の偏見や差別である。当時の自分はこの複雑な問題に関心を強く持っていたように思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *

© 2024 ラボ読書梟 (旧 はてなブログ大学文学部) | WordPress テーマ: CrestaProject の Annina Free