ラボ読書梟 (旧 はてなブログ大学文学部)

読書日記118

        池田晶子『考える日々 全編』毎日新聞出版 (2014)

  

池田晶子『考える日々 全編』毎日新聞出版社(2014年)を読む。

本屋さんで発見。即購入。

しばらくはこの本を貪り読むこと間違いない。

哲学と思想の違いについて書かれていた。

    

思想は「言葉」になったもので、哲学は「考える」ことだと。

池田氏は「哲学を持て」という言葉が変であると指摘する。

哲学は考えることであるので、「考えることを持て」という具合になる。

確かに変だ。

池田氏はドゥルーズやラカンなどの著作は読んでいないという。

ポスト構造主義以降の哲学は「思想」であって「哲学」ではないという意味だと僕は解釈した。

    

池田氏は哲学が好きなのであって、思想はそうではないということだと僕は思った。

そういう意味では、彼女が何故メディアに出る知識人を「くだらない」と言っていたのかが少し分かった気がする。

つづく

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2024 ラボ読書梟 (旧 はてなブログ大学文学部)

テーマの著者 Anders Norén