ラボ読書梟 (旧 はてなブログ大学文学部)

読書日記127

    中島義道『人生を<半分>降りる 哲学的生き方のすすめ』ちくま学芸文庫 (2008)

  

中島義道『人生を<半分>降りる 哲学的生き方のすすめ』ちくま学芸文庫(2008年)を読む。

池田氏と違い、この方はアカデミックの世界にいる。

この本の内容としては、タイトルとはやや離れている印象である。

   

文章を書くことの意味について書かれていたり、今日のアカデミック界、出版業界の不毛な点についていろいろと書かれている。

世の中には無数に本が存在しているが、やはり「商売」としての産物であるがゆえに、そこには「権威」があり「見栄」がある。

この点について、ポール・ヴァレリーという詩人がギリギリまで語ったと中島氏は述べている。

  

調べてみると、岩波文庫からいろいろとヴァレリー氏の本が出ているみたいである。

僕は単純に興味を持った。

「悪書」についていろいろと教えてくれるかもしれない。

僕はなんだかんだで、世の中の本のほとんどは「悪書」だと今は考えている。

つづく

公開日2022-02-16

 

補足:柄谷行人『柄谷行人書評集』のなかに、法政大学出版局から出ている『ポール・ヴァレリー 1871-1945』についての書評があった。(88項)

ヴァレリーは反ユダヤ主義的思想を持っていた可能性がある。ヴァレリーを無批判に肩入れするのではなく、自分で文献にあたることの大切さを認識した。

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2024 ラボ読書梟 (旧 はてなブログ大学文学部)

テーマの著者 Anders Norén