ラボ読書梟 (旧 はてなブログ大学文学部)

読書日記135

中島義道『人生を<半分>降りる 哲学的生き方のすすめ』ちくま学芸文庫 (2008)

     

中島義道『人生を<半分>降りる』ちくま文庫

プラトン『メノン』岩波文庫

小林秀雄『人生について』中公文庫

を読む。

メノンを読んで、知らないことを「知る」ことの不思議さについて思うことがあった。

知らないことが知っていることになる。

   

0が1になるとは、何を意味するのか。

ソクラテスによれば、知ることは「想起」であるとされる。

つまり、「気がつくこと」に近い。

僕はこのことと作曲は似ていると感じた。

   

極端にいえば、曲というものはそれが生み出されるのを待っている。

ピアノが存在した瞬間から、全ての曲が弾かれる余地が発生する。

本質的には人間が作り出したものではなく、もともと自然界に隠れている。

それを「想起」させたものが曲となる。

   

中島氏は50を超えた時にカントの研究をすることに虚しさを覚えた。

ひとつのことに執着することは、他の物事への関心を捨てるに等しい。

そこにつまらなさを感じたそうである。

パスカルもそれを感じていて、何事にも長ける人間であれ、と『パンセ』に書いた。

つづく

公開日2022-02-20

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2024 ラボ読書梟 (旧 はてなブログ大学文学部)

テーマの著者 Anders Norén