ラボ読書梟 (旧 はてなブログ大学文学部)

読書日記151

ザビーネ・ホッセンフェルダー『数学に魅せられて、科学を見失う:物理学と「美しさ」の罠』みすず書房 (2021)

  

ザビーネ・ホッセンフェルダー『数学に魅せられて、科学を見失う 物理学と「美しさ」の罠』みすず書房(2021年)を読む。

素粒子や弦理論にまつわる最先端を追う、個人的には熱い分野の本である。

難しい数式が出てこないのところが助かる。

  

大学生の時に僕はひも理論(=弦理論)についてプレゼンをしたことがある。

もちろん、英語でプレゼンの練習をする、というもので内容は入門レベルである。

ビッグバンは宇宙同士の接触によるものである、という仮説などに触れることができた。あれはあれで物凄く斬新な理論であった。

  

「超対称性」という理論が話題になっているみたいである。

初めて聞いた。

これによれば、発見されていない素粒子がまだ存在しているというお話である。

机上の空論で終わるのか、どうなのか。

まだ100ページ弱しか読めていないのでつづきを読んでいきたい。

つづく

公開日2022-03-07

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2024 ラボ読書梟 (旧 はてなブログ大学文学部)

テーマの著者 Anders Norén