ラボ読書梟 (旧 はてなブログ大学文学部)

読書日記240

      池田晶子『事象そのものへ!』トランスビュー (2010)

池田晶子『事象そのものへ!』のつづきを読む。

https://labo-dokusyo-fukurou.net/2024/04/18/%e8%aa%ad%e6%9b%b8%e6%97%a5%e8%a8%98177/

   

池田氏は、意識、客観性、存在について現代科学をこのように表現する。

“観測者をも量子論の波動関数的記述の中に入れてしまったとき、観測者の脳細胞中の電子の運動を記述する方程式を表すものは、誰の知識ということになるのか、といった、一見奇妙な、しかし悩ましいほど論理的な問いが、頻繁に現れてくるようになる。いったい科学は、何について、何を認識したことになるのか。この「私」はどこに存在することになるのかー。” P97

物質が存在するにはそれを認識する「意識」がなければならない。

しかしながら、現代ではますます「意識」の正体が分からなくなっている。

  

量子についても未知なことが多い。

ブルーバックスに、『時間は逆戻りするのか』という本がある。

そして、実際に実験でそれが確認された。2020年の本である。

  

ある物が、その物自身によって説明できないのと同じように、人間も、人間自身によって記述することはできない。おそらく池田氏はそれを指摘している。

個人的には、意識がどうのこうのと論じている間にAIが頭角を現し、もはやこの議論は捨てられてしまうのではないかと考えている。

つづく

公開日2022-04-02

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2024 ラボ読書梟 (旧 はてなブログ大学文学部)

テーマの著者 Anders Norén