閉じる

読書日記243

     池田晶子『事象そのものへ!』トランスビュー (2010)

  

池田晶子『事象そのものへ!』のつづきを読む。

https://labo-dokusyo-fukurou.net/2024/04/22/%e8%aa%ad%e6%9b%b8%e6%97%a5%e8%a8%98240/

  

フェミニズムに関して、別の視点から考えてみたい方は本書をおすすめしたい。

池田氏は精神が先で、そのあとに脳が生まれたという見方をしている。

それゆえに、性別は存在するのか?という形而上的な問いを読者にぶつける。

確かに思考は万人に等しく与えられている。

  

性差とは、ある種「形而下」のことを扱うものであるかもしれない。

池田氏は1960年に生まれ、2000年代後半まで生きた人物であるので、フェミニズム運動は間近で見てきたはずである。

  

同じ女性でありながらも、池田氏と上野千鶴子氏の考え方の違いっぷりには、人間の奥深さを感じる。

精神から考えれば確かに男女には差はない。

池田氏は、もともと男女は同じ存在であるが女性は「違う」ということを主張してしまったと書いている。

赤ちゃんが生まれると「ありがたい」と誰もが感じるところに突っ込みをいれる。

  

「生の権利」にまで上っていき、人間が持つ「打算」を端的に批判する。

長生きしたい、若くいたい。

それは「何のためか」を彼女は別の著書で問う。

人生を善くいきることと「長生きする」ことの間にある断絶。「楽しく生きる」ことは人生を善くいきることと別問題であると暗に主張する「変人」である。

つづく

公開日2022-04-02

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *

© 2024 ラボ読書梟 (旧 はてなブログ大学文学部) | WordPress テーマ: CrestaProject の Annina Free