閉じる

読書日記302

    仲正昌樹『現代哲学の論点』NHK出版(2022年)

■株式会社NHK出版

公式HP:https://www.nhk-book.co.jp/

公式X(旧 Twitter):https://twitter.com/nhkpb_text?ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp%7Ctwgr%5Eauthor

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

日記

仲正昌樹『現代哲学の論点』NHK出版(2022年)を読む。

分かりやすく現代の正義論を再度整理してもらい、素人の読者としては有難い。

ジョン・ロールズが『正義論』の中で「無知のヴェール」を用いて思考実験的に論じたが、それでは各々の違いが無くなることによって現実性を失う。

  

そこをマイケル・サンデル氏が指摘。 (負荷なき自己)

次にロールズは『政治的リベラリズム』でその不足を補った。

どのように補ったか。

仲正氏は『いまこそロールズに学べ』に書いたと言い、詳しくは割愛、ということでそのことは私自身で確認する必要がある。

  

ロールズは『政治的リベラリズム』において、「重なり合う合意」を提唱する。

例えば、異なる宗教同士が、その教説の言語は違えど、概念や考え方が同じであれば議論は可能という考え方であった。

朝から難しい話で眠気に襲われたが、正義論については去年から高い関心がある。

引き続き読み進めたい。

つづく

公開日2022-04-20

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *

© 2024 ラボ読書梟 (旧 はてなブログ大学文学部) | WordPress テーマ: CrestaProject の Annina Free