ラボ読書梟 (旧 はてなブログ大学文学部)

読書日記303

ドストエフスキー『カラマーゾフの兄弟1』光文社古典新訳文庫 (2006)

■株式会社光文社

公式HP:https://www.kobunsha.com/

公式X(旧 Twitter):https://twitter.com/kobunsha_cs?ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp%7Ctwgr%5Eauthor

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

日記

ドストエフスキー『カラマーゾフの兄弟』光文社古典新訳を読む。

面接に落ち、悔しいので名著を一冊読破してみようという気持ちになる。

翻訳者は最近よく見る亀山氏である。

https://labo-dokusyo-fukurou.net/2024/05/03/%e8%aa%ad%e6%9b%b8%e6%97%a5%e8%a8%98299/
https://labo-dokusyo-fukurou.net/2024/05/03/%e8%aa%ad%e6%9b%b8%e6%97%a5%e8%a8%98300/

  

僕はこの名著を読むにあたり、人物相関図を書きながら読むことにした。

今回ばかりは本気である。

ドストエフスキーの本はだいたい買ったが積んどくのままになっている。

悔しい。

今回は絶対に読み倒す。

つづく

公開日2022-04-20

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2024 ラボ読書梟 (旧 はてなブログ大学文学部)

テーマの著者 Anders Norén