閉じる

読書日記365

小林康夫/石田英敬/松浦寿輝『フーコー・ガイドブック』ちくま学芸文庫 (2006年)

■株式会社筑摩書房

公式HP:https://www.chikumashobo.co.jp/

公式X(旧 Twitter):https://twitter.com/ChikumaShinsho?ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp%7Ctwgr%5Eauthor

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

日記

小林康夫/石田英敬/松浦寿輝『フーコー・ガイドブック』ちくま学芸文庫 (2006年) を読む。

フーコーは個人的に、今注目している哲学・思想家である。

フーコーの分析対象は多岐にわたる。

本書によれば、フーコーが本を出すたびに事件となったとされる。

何故か。

高度なレベルの「暴露本」であったからだと思われる。

フーコーの本は精神科医療の批判書として読める。(『狂気の歴史』)

政治や権力に対する批判書としても読める。(『監獄の誕生』)

近年強まりつつある、監視社会に対するアンチテーゼとしても読めるだろう。

今の時代であればグローバリズムの批判書としても読める。

また、LGBTやレイシズムの批評材料としても機能するだろう。

しかし内容はやはり難しい。

訳書を読んでみたものの、頭に残らない。

これには参った。

ということで、悔しいが入門書から学ぶことにした。

数々の著書の要点はおさえられるようにしたい。

つづく

公開日2022-05-05

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

関連図書

https://labo-dokusyo-fukurou.net/2024/05/07/%e8%aa%ad%e6%9b%b8%e6%97%a5%e8%a8%98361/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *

© 2024 ラボ読書梟 (旧 はてなブログ大学文学部) | WordPress テーマ: CrestaProject の Annina Free