閉じる

読書日記383

フランクル『虚無感について:心理学と哲学への挑戦』青土社 (2015年)

■株式会社青土社

公式HP:http://www.seidosha.co.jp/

公式X(旧 Twitter):https://twitter.com/seidosha?ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp%7Ctwgr%5Eauthor

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

日記

フランクル『虚無感について:心理学と哲学への挑戦』青土社 (2015年) 、

フロム『生きるということ 新装版』紀伊國屋書店 (2020年) を読む。

両者は混合しやすいが、フランクルは精神科医であり心理学者、フロムのほうは精神分析家であり、精神科医ではない。

前者は昨日に少し読み、後者は本日少し読む。

フロムは、貪欲と平和は相容れないと書いている。

産業革命以降、物は人の心を豊かにしたのか、人を幸せにしたのか。

実際そうはなっていないという見解のもと、生きることについて語る。

後者はロゴセラピーの創始者という立ち位置となっている。

しかしながら、フランクルは精神科医でありながらも、実存について哲学的な考察を経て精神療法を確立させた。

似て非なる両者ではあるが、二人とも将来古典となり得る名著を出している。

故に、人間に対する洞察力は一流と言える。

今後、より善く生きるためのヒントを両者から盗み取りたい。

哲学書としても読めるので、面白い内容となっている。

つづく

公開日2022-05-11

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

関連図書

https://labo-dokusyo-fukurou.net/2024/05/03/%e3%83%b4%e3%82%a3%e3%82%af%e3%83%88%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%bbe%e3%83%bb%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%af%e3%83%ab%e3%80%8e%e5%a4%9c%e3%81%a8%e9%9c%a7%e3%80%8f%e8%aa%ad%e4%ba%86/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *

© 2024 ラボ読書梟 (旧 はてなブログ大学文学部) | WordPress テーマ: CrestaProject の Annina Free