閉じる

読書日記435

モーリス・ブランショ『カフカからカフカへ』書肆心水 (2013年)

■書肆心水有限会社

公式HP:https://shoshi-shinsui.com/

公式(旧 Twitter):https://twitter.com/SHOSHISHINSUI

              カフカ『城』新潮文庫(1971)

■株式会社新潮社

公式HP:https://www.shinchosha.co.jp/

公式X(旧 Twitter):https://twitter.com/SHINCHOSHA_PR?ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp%7Ctwgr%5Eauthor

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

日記

モーリス・ブランショ『カフカからカフカへ』のつづきと、

フランツ・カフカ『城』のつづきをよむ。(読書日記424に収録)

https://labo-dokusyo-fukurou.net/2024/05/11/%e8%aa%ad%e6%9b%b8%e6%97%a5%e8%a8%98407/

  

https://labo-dokusyo-fukurou.net/2024/05/13/%e8%aa%ad%e6%9b%b8%e6%97%a5%e8%a8%98424/

  

ブランショは、カフカが無意味なものを意味付けたと語る。

確かに、カフカの小説は何気ない日常の細かな出来事が延々と語られる。

ありきたりな感想かもしれないが、私が本書を読みながら、何故ここまで日常の細かな描写を強調しているように感じたのかというと、いうまでもなく現代社会の時間の流れかたが、非常に無機質で空虚なものだとカフカが強く思っていたのだからかもしれない。

ブランショが述べたことは、日常生活の無意味性を価値化する試みを、小説を通してカフカが表現したということなのかもしれない。

小説ではわずか1分の出来事を、読み手としては1時間のように感じることができる。

無意味に時間が過ぎていく感覚を、小説のなかでは無効化することができる。

そのように感じながら、私は『城』の中で延々とつづく内輪話を読んだ。

つづく

公開日2022-05-25

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *

© 2024 ラボ読書梟 (旧 はてなブログ大学文学部) | WordPress テーマ: CrestaProject の Annina Free