ラボ読書梟 (旧 はてなブログ大学文学部)

読書日記439

    ニーチェ『ツァラトゥストラかく語りき』河出書房新社 (2015)

■株式会社河出書房新社

公式HP:https://www.kawade.co.jp/np/index.html

公式X(旧 Twitter):https://twitter.com/Kawade_shobo?ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp%7Ctwgr%5Eauthor

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

日記

ニーチェ『ツァラトゥストラかく語りき』河出書房新社と、

ニクラス・ルーマン『自己言及性について』ちくま学芸文庫 (2016年) を読む。

70ページほどツァラトゥストラの語りをじっくり読んでみた。

64項に読書ばかりしている人を私は憎んでいる、といった記述があった。

ニーチェはショーペンハウアーの影響を受けたとされるが、読書法に関してはそのショーペンハウアーと同じことを言っている。

ニーチェは他者を理解することは容易ではないと書いている。

超人になれ、自己を越えろというものの、その具体的な方法がさっぱり伝わらない。

もう少しじっくり読んでみたい。

『自己言及性について』は、生物学のオートポイエーシス(自律的に秩序が生成されるプロセス)という概念を社会学に応用した壮大な本となっている。

意味というものについては現象学から出発しなければならない、と書いてある。

ここはどうなのだろうか。

言葉と意味について思いを巡らされた。

意味が先か、コミュニケーションによって意味が規定されていったか。

プラトンであれば、意味が先に分かっていなければコミュニケーションは成立しない、と言うのだろうか。

つづく

公開日2022-05-26

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2024 ラボ読書梟 (旧 はてなブログ大学文学部)

テーマの著者 Anders Norén