ラボ読書梟 (旧 はてなブログ大学文学部)

読書日記206

       プラトン『国家(下)』岩波文庫(1979)

  

プラトン『国家 (下) 』岩波文庫を読み終える。

https://labo-dokusyo-fukurou.net/2024/04/21/%e8%aa%ad%e6%9b%b8%e6%97%a5%e8%a8%98205/

  

ソクラテスは詩の話をし始める。

どうやら画家に対する批判をしている。

例えば、職人は画家よりも道具の知識を豊富に持っていて、必要に迫られれば新たな道具を発明する。

その使用に関しては誰よりも詳しい。

  

画家はその性質すら知らず、ただ見たものだけを正確に描こうとする。

ソクラテスは、画家は単なる <真似> という行為のみ行う人間であり、その対象は実在する真実 ( =イデア) を決して描くことはできないと批判した。

その後は魂と不正の関連について考察し、「魂は不死である」と述べる。

最後は神話を持ち出して「善く生きること」の「意義」を語る。

以上にして、『国家』という壮大な思考実験は幕を閉じる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

感想

全体=部分

部分=全体

一貫してこの前提が崩れることは最後までなかった。

しかしながら、個人的には批判できる点はいくつかあるようにみえる。

・部分の総和が全体になるとは限らない

・であるならば、議論の途中で前提から外れ誤った結論に到っている可能性がある

・ソクラテスの語る「善いこと」には人間中心主義が隠れているようにみえる

・女性に対する偏見が見られる

・理論と現実の剥離については詳細に語られていない

  

僕はゆっくりと『国家』の論点を再度整理しながら、これらの問題についてや、また別の疑問点があれば解消していきたいと思った。

つづく

公開日2022-03-24

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2024 ラボ読書梟 (旧 はてなブログ大学文学部)

テーマの著者 Anders Norén