閉じる

読書日記364

      松岡正剛『フラジャイル』ちくま学芸文庫 (2005年)

■株式会社筑摩書房

公式HP:https://www.chikumashobo.co.jp/

公式X(旧 Twitter):https://twitter.com/ChikumaShinsho?ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp%7Ctwgr%5Eauthor

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

日記

松岡正剛『フラジャイル』ちくま学芸文庫 (2005年) を読む。

フラジャイルとは英語の [ fragile ] に相当するものであり、「弱い」「壊れやすい」といった意味を持つ。

松岡氏いわく、弱さに隠れている何かに興味を抱く時期があった。

世の中は「強さ」に焦点をあてることが多いと感じていた。

生物学は何かと「強さ」で説明されることが多い。

弱肉強食や淘汰に関わるものは往々にして「強さ」の問題である。

しかし松岡氏は、「強さ」ではなく「強がり」ではないか、という視点で斬る。

松岡氏によれば、リチャード・ドーキンス『利己的な遺伝子』はまさに「強がり」遺伝子の話であったとされる。

であれば「弱がり」遺伝子の話もあっては良いのではないか、と漏らす。

個人的には、近年ようやく出てきたようみえる。

まずルトガー・ブレグマンの『希望の歴史』である。

https://labo-dokusyo-fukurou.net/2024/04/08/%e3%83%ab%e3%83%88%e3%82%ac%e3%83%bc%e3%83%bb%e3%83%96%e3%83%ac%e3%82%b0%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%80%8ehuman-kind-%e5%b8%8c%e6%9c%9b%e3%81%ae%e6%ad%b4%e5%8f%b2%e4%b8%8a%e3%80%8f%e3%80%8ehuman-kind/

 

本書は性悪説に疑いを挟む本であった。

何故ネアンデルタール人は滅びたのか。

それは「ホモ・パピー」という、遺伝子的な「弱さ」によって説明できるとされた。

それを強化した本がリチャード・ランガム『善と悪のパラドックス』であった。

https://labo-dokusyo-fukurou.net/2024/04/09/%e3%83%aa%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%bc%e3%83%89%e3%83%bb%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ac%e3%83%a0%e3%80%8e%e5%96%84%e3%81%a8%e6%82%aa%e3%81%ae%e3%83%91%e3%83%a9%e3%83%89%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9/

 

これはまさに逆説の法則である。

強さは弱さの裏返しで、弱さは強さの裏返しではないだろうか。

要するに、物事の判断は短絡的であってはならない、という教訓であるように思われる。

つづく

公開日2022-05-05

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *

© 2024 ラボ読書梟 (旧 はてなブログ大学文学部) | WordPress テーマ: CrestaProject の Annina Free