閉じる

読書日記406

フロランス・ド・リュシー『シモーヌ・ヴェイユ』白水社文庫クセジュ (2022年)

■株式会社白水社

公式HP:https://www.hakusuisha.co.jp/

公式(旧 Twitter):https://twitter.com/hakusuisha?ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp%7Ctwgr%5Eauthor

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

日記

フロランス・ド・リュシー『シモーヌ・ヴェイユ』白水社文庫クセジュ (2022年) を読む。

1909年から1943年の間を生きたフランスの哲学者の解説書となっている。

ヴェイユはマルクスの構築した体系を「天才的な思想」と評した。

唯物論が正しいのであれば、それは世界のあらゆるものを説明する。

しかし、超自然的な、神秘的なものを考慮に入れないならば、と加えた。

ヴェイユは、マルクスが解明した抑圧は革命では除去できないと踏んだ。

こうも述べる。

社会的秩序は必要ではあるが、いかなるものも本質的には悪である、と。

ヴェイユは人間には物質を超える、超越したものを持っていると信じていた。

おそらくプラトンの影響でもあるかもしれない。

唯物論はどこか無機質な向きがある。

つづく

公開日2022-05-17

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *

© 2024 ラボ読書梟 (旧 はてなブログ大学文学部) | WordPress テーマ: CrestaProject の Annina Free