閉じる

読書日記419

プラトン『ラケス 勇気について』講談社学術文庫 (1997年)

■株式会社講談社

公式HP:https://www.kodansha.co.jp/

公式X(旧 Twitter):https://twitter.com/KODANSHA_JP?ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp%7Ctwgr%5Eauthor

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

日記

プラトン『ラケス 勇気について』講談社学術文庫 (1997年) を読む。

どうやったら子供に早く立派になってもらうことができるのか。

教育について、ラケスたちはソクラテスに問う。

ソクラテスは議論の細部を語る。

人は何かを学ぼうとし、それが身に付いたときに人は一段階成長する。

このことに関してまずソクラテスは前提条件等を一般化する。

学ばれるものをAとし、学ぶ者をBとする。

まず、BがAを得ようとするとき、そのAがBにとって善いものであることが前提である。

言い換えると、力を付けようとする場合、その力が何であるかを知っていなければ意味を成さない。

ソクラテスはAを視覚、Bを目として説明した。

その後、教育に話を戻し、結局のところ「徳」とは何かを知らなければならないという流れになる。

以上までが50項までの内容であった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

他のプラトンの本でも、徳とは何かという問いがなされている。

別の本では徳とは「知」であるというものであった。

イデア論は終わりがみえない。

それが「問い」の非有限性でもある。

結局のところ、おそらくプラトンですらも本当の事はよく分かっていない。

数学でいうならば、イデア論は極限でいう「発散」であって、答えは「収束」しない。

故に考えることは尽きない。

問いは無限。

それは、常に問いつづけることの「意味」でもあるだろう。

つづく

公開日2022-05-20

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *

© 2024 ラボ読書梟 (旧 はてなブログ大学文学部) | WordPress テーマ: CrestaProject の Annina Free