閉じる

読書日記385

斎藤環『ビブリオパイカ 斎藤環書評集1997-2014』日本評論社 (2015年)

■株式会社日本評論社

公式HP:https://www.nippyo.co.jp/

公式(旧 Twitter):https://twitter.com/nippyo?ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp%7Ctwgr%5Eauthor

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

日記

斎藤環『ビブリオパイカ 斎藤環書評集1997-2014』日本評論社 (2015年) を読む。

精神科医で医学博士、今個人的に注目している斎藤氏による「本の本」である。

書店に行くだけでは本に関する情報は掴めない。

「本の本」は次に読む本への「案内人」でもある。

勿論、偶然出会った本を買うこともあれば、目的買いをすることもある。

本の本を読むことによってアンテナが張られ、「これはあの本ではないか」と気づくことが増える。

精神科医ということで、哲学・思想・精神分析に関する本の紹介が多数ある。

「本の本」の代表格といえば松岡正剛氏による「千夜千冊」だと思うが、精神医学に関しては松岡氏も素人であるので、斎藤氏のような専門家による書評は深みがある。

今回は精神鑑定に関する書評等を読んでみた。

法学と精神医学のせめぎ合いが見てとれる。

斎藤氏によれば、日本の精神鑑定はある意味「でたらめ」であるという。

それは、精神医学の診断がそもそも「断定」ではなく「推測」である性質によるとされる。

しかし、法律は白黒ハッキリさせなければ「断定」できない。

「推測」vs「断定」の構造。

個人的に死刑囚に関する本は多数読んできたが、人間はアカデミズムの力で理解できるという考え方は、傲慢でしかないと感じている。

つづく

公開日2022-05-11

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

関連図書

https://labo-dokusyo-fukurou.net/2024/05/04/%e6%96%8e%e8%97%a4%e7%92%b0-%e7%a6%8f%e5%b1%b1%e5%93%b2%e9%83%8e%e3%80%8e%e3%83%95%e3%82%a7%e3%82%a4%e3%82%af%e6%99%82%e4%bb%a3%e3%81%ab%e9%9a%a0%e3%81%95%e3%82%8c%e3%81%a6%e3%81%84%e3%82%8b%e3%81%93/
https://labo-dokusyo-fukurou.net/2024/05/08/%e8%aa%ad%e6%9b%b8%e6%97%a5%e8%a8%98369/
https://labo-dokusyo-fukurou.net/2024/04/10/%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%99%e3%82%ab%e3%83%b2%e3%83%aa%e2%98%86%e3%80%8e%e5%ae%b6%e6%97%8f%e4%b8%8d%e9%81%a9%e5%bf%9c%e6%ae%ba%e3%80%80%e6%96%b0%e5%b9%b9%e7%b7%9a%e7%84%a1%e5%b7%ae%e5%88%a5%e5%82%b7/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *

© 2024 ラボ読書梟 (旧 はてなブログ大学文学部) | WordPress テーマ: CrestaProject の Annina Free